甲府市千塚のレザーショップFLATFIELDのブログ

fflfdiary.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Studs work( 16 )

ロゴベルトです!

b0214847_2143525.jpg

みんなで揃いでクラブ名とかいかが?
チョッキもいいけど、もちょっと違う感じな人たちにおススメです。
[PR]
by flatfield66 | 2013-08-29 21:07 | Studs work

手帳!

ご無沙汰で~~~すw
いや~続かないね~。
でもブログ最近更新無いですねって可愛い子ちゃんに言われちゃったんで急遽upしますw
バンド再始動したりLIVEあったりイベント出店したりとかあったのですが全て画像無し!
ダメダメです。
なんでレギュラーの手帳の帯のところにStuds入れた物です。
b0214847_21135922.jpg

b0214847_21135732.jpg

b0214847_21135483.jpg

スタッズの配置はイメージでもらったものに少しアレンジです。
ブライドルかっこいいと思うんだけどなぁ。どう?
[PR]
by flatfield66 | 2013-04-29 21:21 | Studs work

ロゴベルト

久しぶりにこのフォントです。
b0214847_20425072.jpg

バックル側はサル革も付けてと・・・。
b0214847_20424778.jpg

今夜は雪みたいですね。あまり降らない様ですが嫌なものに変わりはありません。
積もらないといいな。
[PR]
by flatfield66 | 2013-02-12 20:48 | Studs work

連続模様3

さて、けがいた所に穴開けたらスポッツを入れて爪を折りかしめて行きます。
革の厚みによって多少折り方を変えているのですがこのくらい爪が出るものだと二回折る感じで爪の先端を革に食い込ませています。
そうすると何かに引っかかって爪が戻ってしまったりすることがなくなります。
b0214847_20495257.jpg

こんな感じです。そして表から叩いてかしめてあげると更に中に入ると思います。
こんな風になりました。
b0214847_20495529.jpg

後は石とガラス付けてサル革部分のデザイン打ち合わせして完成です。

では(o・・o)/
[PR]
by flatfield66 | 2012-12-01 20:59 | Studs work

連続模様2

前回連続模様の型紙まで紹介しましたが今回は実際にけがいていきます。
b0214847_21213652.jpg

こんな感じで作りました。これの丸い方を重複させてつなげていくので、重複していない部分を除くと100mmになります。なのでこの模様はX×100mm+丸い部分となります。
打ちたい部分は6600mmでしたので6回繰り返すと6300mmになり余白が30mmです。
こんな感じにどこからスタートしてどこで終わるかを予め考えないと片側の余白が大きくなってしまったりしますので注意します。
スタートが決まれば後は簡単です。型紙当ててけがいて行き、任意の要点に穴を開けます。
するとズレも少なくなりけがき忘れもまた穴に合わせれば良いので安心です。
b0214847_21183190.jpg

そして穴を基準にずらして行けば連続していきます。
b0214847_21185666.jpg

そんな風にやってます。

では(o・・o)/
[PR]
by flatfield66 | 2012-11-30 21:36 | Studs work

ロゴベルト


Hairworks JIJI様からスタッズベルトの注文です。
山梨のロカビリーヒーローで国母で美容室をやってます。
僕も切ってもらってます。
b0214847_2091136.jpg

緑のトカゲを挟み込んで全て真鍮スポッツで仕上げてます。
茶色の芯通し染めの革を黒吹いてもらって作ってます。
コバはあえて茶色のままです。
経年変化で上から乗せた黒が落ちてきてロゴの周りに黒が残ると格好良いです。
JIJI様ありがとうございました。

ちょうどこれからロカビリーサミットです。
楽しんできます♪
[PR]
by flatfield66 | 2012-11-29 20:19 | Studs work

スタッズリング

スタッズリングです。
b0214847_211877.jpg

どこで繋げてるの?みたいな事聞かれますが、なんてことはありません。
真ん中で繋いでます。
ただし、ちょっと注意するところがあって、切り出してヘリ落とし、磨きの作業の時に繋ぎ目の変形を防ぐ為、繋ぎ目のカットは最後にします。
b0214847_2118478.jpg

上の状態でヘリ落とし、磨きをしてから下の様にカットします。
b0214847_2118274.jpg

で、こんな感じで打てる所を打ってからスワロとラウンドスポッツで繋いでます。
他の持ち物のスワロ等と色を合わせたりすると格好良いです。
ではまた(o・・o)/~
[PR]
by flatfield66 | 2012-11-26 21:31 | Studs work

連続模様

前回話した連続模様の型紙です。
今回は持ち込みのデザインになります。
うちは超アナログです(笑)
一部分を作って組み合わせています。
2次曲線も定規を作ってって感じです。
イラストレーターとか使えれば間隔等も出しやすいとは思うのですが手作業です。
b0214847_21102457.jpg

こんなです。
b0214847_21102741.jpg

で、こんなです。
いかがでしたか。
[PR]
by flatfield66 | 2012-11-25 21:21 | Studs work

Studs work3

どもです。
次はピーナッツを作っていきますなんて言いながら写真撮らずに作ってしまいました。
でも、昨日言った事を注意して作れば良いと思います。
b0214847_19542089.jpg

リングスポッツにはめる系のものは、今回はアクリルハイドームですが、裏にスペーサー的な何か(今回は革です)を挟むと座りが良くなります。
プロング有りでも無しでも入れないとグラグラしちゃったりするからね。
b0214847_1954226.jpg

で剣先です。
これもセンター決めて感覚で打ちました。
もともと店に有るサンプルから選んでもらったものなので直に打ちましたが
新しく作る時は別の革で試したり、要所は型紙作ったりします。
連続模様や使用頻度の高いものは型紙残しておくと次の仕事が格段に楽になります。
b0214847_19542741.jpg

後はバックル付けてサル革付けて縫ったら完成です。
b0214847_19545347.jpg

b0214847_1955280.jpg

こんな感じで打ってます。
ではでは(o・・o)/
[PR]
by flatfield66 | 2012-11-23 20:08 | Studs work

Studs work2

では続きです。
先に穴を開けておいたロゴ部分ですが、赤い蛇挟んでいきます。
挟まない部分は先に爪曲げてかしめてしまいます。場合によるけどね。
b0214847_20522013.jpg

こんな感じで挟む部分からスポッツ抜いたら挟む革を貼ります。
でアウトライン側の一つはみ出てる穴を目安として挟む革にも穴を開けます。
でスポッツ入れて爪折ってかしめたら出来上がりです。
b0214847_20561863.jpg

そしたら両サイドのピーナッツを打って行きましょう。
これはセンターから打って両サイドで誤差を逃がす様に打ってます。
模様によってどこから打ってどこに逃がすか考えておくと良いと思います。
b0214847_20575975.jpg

中に打つパーツは予め型紙で印をつけておきます。
で、センターから一つずつ打って合わせて行きます。
ここら辺は感覚でやってるんで説明できないのですがまぁすぐ慣れます。
穴を開けてスポッツを仮止めするとき下に何か刺さるもの敷いておくと良いかと思います。
うちは厚めの革を敷いてます。
ではこのへんで。
次はピーナッツを作っていきます。
[PR]
by flatfield66 | 2012-11-22 21:07 | Studs work

日々の出来事から工程紹介まで


by flatfield66
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite